技術とスピード ゴム板の加工と販売 株式会社扶桑ゴム産業

加工について

よくある質問:加工について

質問をクリックすると答えが表示されます。

表示/非表示 切り替え

基本的に1個から、金型代をかけずに製作可能です。

切削加工で対応可能な形状、数量であれば量産も対応しております。(数百個~千個レベルの加工実績もあります。)ただし、形状、数量によっては切削加工で製作するよりも金型で成形したほうが単価が安く、お客様のメリットになる場合があります。

材料があれば2~3日から1週間程度の短納期での製作が可能です。お見積りの際におおよその納期日数(実働日数)をお知らせします。

弊社が一品一様で多種類のオーダーメード品を製作しているため、社内の検査はしておりますが、量産品のようにすべての製品に寸法検査表をお付けすることはしておりません。
寸法検査表をご希望の場合は、ご注文時にお申し付けください。代表1ケ、図面チェック程度でしたら無料で対応します。全数検査や別表作成の場合は別途費用をいただきます。なお、製品出荷後の対応はできませんので、必ずご注文時にお申し付けください。

2Dであればdxf、dwg、3Dであればigs(iges)、stp(step)、x_tに主に対応しています。なお、可能であればCADデータだけでなく、図面に出力したものも同時に送っていただけると、迅速に対応できます。対応している他のデータ形式については「3Dデータ加工」のページをご覧ください。

お客様から支給していただいた材料や、既製の部品への追加工も積極的に行なっています。お問い合わせの際に材質・硬度をお知らせください。(加工経験のない材料の場合はサンプルの提供をお願いする場合があります。)なお、 樹脂、パーフロロエラストマーの加工はお断りしておりますのでご了承願います。

弊社は図面と数値に基づいて製作しておりますので、基本的には簡単で結構ですので図面を用意していただくようにお願いしています。お見積りの際も、簡単な図と必要に応じて写真を送っていただくと、現物を送っていただくよりも早く加工可否の判断ができる場合が多いです。​

弊社は切削加工で製品を製作しておりますので、表面に​加工痕が残ります。​工業用部品の場合はあまり問題になりませんが、美観を重視される製品の場合はご満足いただけない場合が少なくないようです。切削加工の特徴をご理解いただいたうえでご判断ください。​

弊社は素材製造メーカーではないため、一般的な性質に基づいてご説明することは可能ですが、専門的な性質については詳しくありませんので、材料の選定はお客様にお願いしております。可能な範囲で資料提供はさせていただきますのでご相談ください。

お客様からの図面を元に加工するのが弊社の業務であると考えており、部品設計のノウハウは持ち合わせておりませんので、あいにく設計のお手伝いは出来ません。

弊社は機械加工を行なっておりますので、製品を加工する際には刃物をセットする、プログラムを入力するなど、製品を加工するまでの「段取り」が必要になります。この「段取り」の費用を製品単価としてプラスしているため、数量が少なくなれば単価は高くなり、逆に数量が増えれば単価は安くなります。なお、「段取り」は毎回必要になるため、同じ製品をリピートで加工する際にも「段取り」の費用が必要になります。​

量産工場では項目ごとに分けて見積りをされているようですが、弊社ではオーダーメードの加工を承っており、一品一様のお見積りをしておりますので、大変申し訳ありませんが材料費、加工費等を分けてお見積りすることができません。

弊社はゴム板材からの切削加工を行なっておりまして、金型成形は取り扱いがございません。​​専門メーカー様もしくはゴム商社様にお問い合わせください。

あいにく樹脂の加工は行なっておりません。専門業者様にお問い合わせください。

あいにく金属加工は行なっておりません。ゴムと金属の同時加工も対応できません。

パーフロロエラストマーは材料の性質によるものと思われますが、安定した加工ができないため現在加工はお断りしております。
  • 加工情報
  • ゴム板加工特急便
  • ゴム板加工普通便
  • ゴム板素材定尺便
  • ビデオ・ライブラリー

営業日カレンダー

PAGETOP
Copyright © 株式会社 扶桑ゴム産業 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.