技術とスピード ゴム板の加工と販売 株式会社扶桑ゴム産業

会社沿革

会社沿革

経歴
1957年 (昭和32年) 広島市千田町において上山武男(現相談役)が「扶桑ゴム」を創設
工業用ゴムパッキンの販売を開始
1963年 (昭和38年) 「有限会社扶桑ゴム産業」を資本金100万円にて設立
上山武男が代表取締役社長に就任
1965年 (昭和40年) 自動車部品の製造増加に伴い現在地に土地を購入、社屋(事務所・工場)を新築移転
資本金300万円に増資
1970年 (昭和45年) 隣接地購入、工場・倉庫を増設
資本金500万円に増資
1990年 (平成2年) 3階建て新社屋(現A棟)落成
1995年 (平成7年) 宗政昭治が代表取締役社長に就任、上山武男は代表取締役会長に就任
隣接ビル1・2・4階を借入、事務所拡大を図る
1997年 (平成9年) 2階建て隣接倉庫借入、事務所の拡大を図る
2000年 (平成12年) 資本金1,000万円に増資
2003年 (平成15年) 隣接土地購入、B棟新工場建設・落成
2004年 (平成16年) 田村雅春が代表取締役社長に就任
2006年(平成18年) 「株式会社扶桑ゴム産業」に組織変更
2010年(平成22年) 隣接倉庫借入、D棟倉庫を増設
2011年 (平成23年) 尾里幸光が代表取締役会長に就任、上山武男は相談役に就任
2013年 (平成25年) A棟3階のゴム通事業部オフィスをリニューアル

旧A棟640×430

  • 加工情報
  • ゴム板加工特急便
  • ゴム板加工普通便
  • ゴム板素材定尺便
  • ビデオ・ライブラリー

営業日カレンダー

PAGETOP
Copyright © 株式会社 扶桑ゴム産業 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.